コロナ禍で購入したアイテムまとめ

コロナ禍で購入したアイテムまとめ

久しぶりの更新となってしまいました。

ここ1年はコロナで撮影を自粛していて全く撮影に行けず。

しかしこのコロナ禍にあって幸いにも仕事が忙しく、仕事仕事の日々を過ごしていました。

 

撮影には行けていませんが、新しい機材などを少しずつ購入してストレス発散していました。

写真は撮っていないのでネタとなる写真はありませんが、この1年に購入した機材をざっとまとめてみます。

 

iPad ProとApple Pencil

 

以前からタブレットが欲しかったのでiPad Proを購入。同時にApple Pencilの第二世代を買いました。このセットは仕事でも使うので仕事と趣味兼用として購入しました。

 

iPad Pro

 

アップルペンシル

 

MacのSidecar機能でiPadを液タブ化にできるので、現像時に使用したりしています。マウスでは扱いにくかった処理もApple Pencilを使えばより使いやすく、より直感的に作業を行うことができます。

 

incase カメラバッグ DSLR Pro Pack CL58068

 

ずっと使い勝手の良いザックタイプのカメラバッグを探していて、いろいろ調べた結果、このincaseのカメラバッグに辿り着きました。

条件として

  • そこそこ容量がある
  • 背面側が開く
  • 背面側だけではなく、上部からもカメラの取り出しができる
  • 小物等も収納しやすい
  • 三脚も無理なく取り付けられる

 

これを満たすカメラバッグがincaseのカメラバッグでした。

incaseはApple社公認のiPhoneやiPad、MacBookなどの保護や持ち運びに適したバッグ&ケースブランドで、バックパックやショルダーバッグ、ダッフルバッグなど様々なシーンで使える商品がラインナップされています。他にもiPhoneケースやAirPodsケースなんかもあります。

 

incaseカメラバッグ

 

見た感じはさほど大きくないんですが、見た目以上に収納力があります。

 


 

incaseカメラバッグ

 

背面側。背負い心地も個人的には全く問題ないです。

 


 

incaseカメラバッグ

 

背面側が開くようになっています。

中の仕切りは自由に移動できるので、カメラとレンズはもちろん、小さめの三脚であれば中に収納することも可能です。

 

 

ソニー α7RⅣ ボディ

 

今までキヤノンをずっと使ってきましたが、ちょっとソニーへ浮気しました。

キヤノンのシステムを売却するつもりはないので、今後はキヤノンとソニーの併用になりそうです。

 

ソニーミラーレスカメラα7RⅣ

 

ちなみにこのカメラに装着しているカメラストラップは卉奏(キソウ)さんで注文しました。

このBrut(ブリュット)というストラップは1枚革で作られています。これから使い込むことによってどのように変化していくか楽しみです。

卉奏(キソウ)

 

 

ソニー&シグマのレンズ

 

ソニーのα7RⅣを購入したので、レンズも一緒に購入。

  • 14-24mm F2.8 DG DN | Art
  • FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G
  • FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM

とりあえずこの3本を揃えました。これで14mmから400mmまでは一応カバーできます。

あとは単焦点を何本か買う予定です。

 

ソニーとシグマのレンズ

 

 

Gitzo 三脚 システマティック5型4段

 

α7RⅣを買ったので、より剛性のある三脚が必要だと思い購入。4型とどちらにするか悩みましたが、結局5型に落ち着きました。

他にもいくつか三脚は持ってるのですが、ジッツオのトラベラー2型と撮影シーンによって使い分けができそうです。

 

ジッツオ5型4段システマティック三脚

 

 

Really Right Stuff 雲台 BH-55 LR

 

ジッツオの5型用に購入したRRSの雲台 BH-55 LR。

この雲台と100-400用のフット、レールと一緒にRRSのサイトで直接購入しました。国内で買うと結構高いので、欲しい商品が何点かあるならまとめて個人輸入したほうが送料や関税を含めても断然安いです。

 

Really Right Stuffの雲台BH-55 LR

 

 

Really Right Stuff α7RⅣ用 L型カメラプレート

 

カメラプレートはB&Hで注文しました。

こちらも個人輸入です。

 

Really Right Stuffのカメラプレート

 

ソニーミラーレスカメラα7RⅣとReally Right Stuffのプレート

 

当たり前ですが、ピッタリ合いますね。

 

 

Really Right Stuff LCF-101

 

FE 100-400mm 用のフット。

全てアルカスイス互換にするため、こちらも買いました。

 

Really Right StuffのLCF-101

 

Really Right Stuff製100-400のフットとソニー純正100-400フット

 

左がソニー純正で右がReally Right Stuff製。

大きさが全然違いますね。


 

ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM

 

ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GMにReally Right Stuff製100-400のフットを装着

 

装着した状態を比べてみました。RRSの方は純正と比べて大きいので安定しますね。これでストレス無く撮影が捗りそうです。

 

Really Right Stuff MPR-192 Rail

 

こちらも安いのでついでに購入しました。

レールは何本か持っているのですが、RRS製を持っていなかったので何となく購入したって感じです。

 

Really Right StuffのMPR-192 Rail

 

東洋リビング防湿庫

 

で、最後は防湿庫。

ちょっと機材が増えてきたために急遽買いました。2大メーカーである東洋リビングとトーリ・ハンと悩みましたが、何となく東洋リビングの防湿庫にしました。

縦長タイプではなく、横長タイプが欲しかったので東洋リビングのED160CAWP2Bを購入。これで機材の収納の悩みは解決です。

 

東洋リビングの防湿庫

 

新しく買ったデスクの下に丁度収まる高さ。

新しいデスクとチェアは別記事で書きます。いろいろと不都合な点が多かったの作業スペースを刷新しました。

 

 

まとめ

 

他にもKANIのホルダーや現像に使うソフトウェア、プラグインなどいろいろ買ったのですが、代表的なものはこんな感じです。

今は仕事がかなり忙しいのと、あとはコロナということもあって撮影や登山になかなか行くことができない状態です。今は仕事に集中する時期なんだと割り切って毎日を過ごしています。コロナ変異株が広まってきていますが、政府・自治体の政策やワクチンでなんとか収まって欲しいものです。

撮影に行く余裕ができたら、まずは人にほぼ会うことはない山奥に星空撮影に行こうかなとは思っています。今後の状況を見極めつつって感じですね。

1日でも早く以前のような平和な日常が訪れて欲しいですね。




投げ銭をする

¥

金額は10円以上でご自由に変えられます

Personal Info

Donation Total: ¥10


にほんブログ村 写真ブログへ

撮影機材・アイテム・登山装備カテゴリの最新記事