ロジクールのマルチデバイスマウス導入で作業を効率化-Logicool M590 Multi-Device Silent-

ロジクールのマルチデバイスマウス導入で作業を効率化-Logicool M590 Multi-Device Silent-

最近デジタルドラゴンで中古のノートPCを購入し、どうせならマウスも新しいものに交換しようと思ったのでLogicoolのマウスを買ってみました。

 

↓↓↓中古ノートPC購入の記事はこちら↓↓↓

 

以前はiMacなら付属のMagic Mouse、Windowsなら当時使っていたPC付属のワイヤレスマウス、というような感じで使っていましたが、LogicoolのM590 Multi-Device Silentを導入してこのマウス1つに統一しました。

 

Magic Mouseが不満だった

 

iMacで使っていたMagic Mouse。確かに見た目のデザインは洗練されていてカッコイイし、マルチタッチも非常に便利。

しかしいくら見た目がカッコ良くてもマルチタッチが便利でも、背が低くて手に馴染まない。ちょっと薄すぎるんですよね。

あとマルチタッチはすごく便利な機能なんですが、誤作動することもしばしば(これは自分の扱いが悪いのかもしれないけど)。意図しない動作をしてしまうことがあります。

そしてそして、最大の不満はマウスの充電。

 

デザイン重視で底面にケーブルをぶっ刺す形になったとは思うのですが、これがめちゃくちゃ不満です。もちろん充電中にマウスは使用不可。

なので作業中に電池残量が無くなって充電すると作業が中断されます。せめてケーブル刺すところを前面にして充電中でも有線マウスとして使えるようにして欲しかった。これが原因で作業が中断した回数は数知れず。

そういった不満があったので、この機会に新しいマウスを購入するに至ったワケです。

 

 

Logicool M590 Multi-Device Silentの特徴

 

以前からロジクールのマルチデバイス対応のマウスが気になっていたので、そのシリーズを買おうと思っていました。

マルチデバイス対応は何種類かあるのですが、ほとんど悩まずM590 Multi-Device Silentに決定。クリック音がほとんどしないという点も個人的には良いと思いました。あんまりクリック音好きではないので。さらにお値段も3,000円台とお手頃。

M590 Multi-Device Silentの大体の特徴はこんな感じです。

 

 

クリック音がほとんどない

公式ページよると90%のクリックノイズリダクションによって非常に静からしいです。

実際使ってみると、確かにクリック音しません。すごく静かです。ただ静かというわけではなく、しっかりとクリック感覚があるのも素晴らしいです。

 

便利な2つのサムボタン

このマウスの左側面にある2つのボタンにはブラウザの「進む」「戻る」機能が設定されています。Logicool Optionsソフトウェアをダウンロードすれば好みに合わせてカスタマイズすることができます。

 

Logicool Optionsソフトウェアの画面。

ここからボタンの機能を自分好みにカスタマイズすることができます。

 

あと当然ですが、マウスポインタの速度やスクロール速度もカスタマイズ可能です。

 

Bluetooth対応

もちろんBluetooth対応。簡単にペアリングできます。

もし使っているPCにBluetoothがなくても、付属のUnifyingレシーバーをUSBポートに差し込めばすぐに使えるようになります。Unifyingレシーバーは1つ付属していますが、さらに必要な場合は個別に購入可能です。

 

 

Logicool Flow対応

これがメインの機能と言ってもいいでしょう。

2台のPC間でマウスカーソルを動かすことができます。1台のパソコンから別のパソコンへのテキスト、画像、ファイルのコピー&ペーストも可能です。まるで1つのデバイスと錯覚してしまうような感じになります。もちろんWindowsとMac間でも可能です。自分はWindowsのノートPCとiMacで使っていますが、全く問題ありません。

Logicool FlowもLogicool Optionsソフトウェアによって自分の使用環境に合わせてカスタマイズできます。

 

この白い四角がパソコンの画面を表しています。

これをドラッグすることで自分のパソコン環境に則した設定にすることができます。例えば左がWindowsで右がMacの画面というようなカスタマイズが可能です。

 

2台のパソコンが横に並んでいる環境の人はこのように横並びに。

この画面で言えば、真ん中のグレーの部分にマウスカーソルが行くと、もう一つのPCの方へマウスカーソルが移動するように設定されています。グレーの部分がちょうど切り替わる場所なんですね。

単純な言い方をすればこの2つの白い画面が1つの画面のようにマウスカーソルが移動するということです。グレー部分は単につなぎ目です。

 

もちろん上下にすることも可能。

M590 Multi-Device Silentのマウス1つで2台のPCをストレス無く扱えます。さっきも言ったようにコピペもできます。

この便利なLogicool Flowを使うには2台のPCが同じネットワーク環境下にあることで必須です。

 

 

 

Logicool M590 Multi-Device Silentを買って良かったこと

なるほど!と言っている女の子

 

まずは何と言ってもMagic Mouseよりも手に馴染むこと。あとこのマウスは単三電池1本で動くので電池が無くなっても電池交換をすればすぐに使えるようになるということ。この辺は別にM590 Multi-Device Silentじゃなくても解消されるんですが(笑

デバイス間のコピペは本当に便利です。写真とか移動することも多いのでこれは助かります。PC2台体制で作業する人は間違いなく効率が上がります。

 

 

Logicool M590 Multi-Device Silentの残念な点

考え事をしている女の子

 

これは個人的にはただ1点。カラーバリエーションです。

本当はiMacに合わせてホワイトのマウスにしたかったのですが、このM590 Multi-Device Silentにはホワイトカラーはありません。それに近い色として「ミッドグレイ トーナル」というカラーラインナップがあります。しかしその「ミッドグレイ トーナル」の色合いが気に入らない。

グレイと書いてあるように灰色に近い色なんですが、ホワイトを欲している自分にとっては何とも言えない微妙な色合い。昔の古いパソコンを連想させるような色(あくまで主観)なんですよね。

かなり悩みましたが、結局「ミッドグレイ トーナル」は選ばず、「グラファイト トーナル」というカラー(黒みたいな色)にしました。これはもう仕方がない。

 

 

まとめ

 

M590 Multi-Device Silentを買ったことでWindowsとiMacをこのマウス1つにまとめることができました。

さらにLogicool Flowの機能により、2つのPC間でテキスト、画像、ファイルのコピー&ペーストが可能になったので非常に便利で効率的になりました。

価格も安いので良い買い物をしたと思っています。

 

投げ銭をする

¥

金額は10円以上でご自由に変えられます

Personal Info

Donation Total: ¥10



にほんブログ村 写真ブログへ

撮影機材・アイテム・登山装備カテゴリの最新記事